1. HOME
  2. 社員インタビュー
  3. Azumi.O

Azumi.O

2018年入社技術職

Q.01入社のきっかけ


私は、それまでプログラミングに触れたことがなかったので、エンジニアの面接ということでとても不安でした。
しかし、面接では話しやすい雰囲気で、自分を作らずに臨む事ができましたし、専門知識がなくてもきちんと勉強すればエンジニアとして活躍できるという事を知りました。

面接を通じて、挑戦する気持ちを後押ししてくれる会社だという印象を持ったので、未経験でもその気持ちを大切に頑張っていこうと入社を決めました。

Q.02入社直後の様子



私は大学時代文系の学部でしたし、パソコンもそこまで得意ではありませんでした。入社前から少しずつITパスポートや基本情報技術者の勉強をしていましたが、プログラミングは全く未経験でしたので、不安と楽しみが入り混じっている気持ちで入社しました。
研修では基礎知識の座学研修から徐々に開発実習へと実践的なものにステップアップしていきます。最初は不安だった気持ちも研修が進むにつれ、少しずつ楽しいという気持ちに変化していきました。自分達のレベルに合わせて研修内容を柔軟に変更したり、丁寧に質問を受け付けていただけたのでやり遂げることができたと感じています。

Q.03業務のやりがい

最初は上司や先輩から依頼された機能をどうやったら作れるかイメージすら湧かずにとても悩みました。システムが設計した通りに動いているかどうかを確認する『テスト』という重要な工程があるのですが、何をテストしたらいいかの検討が不十分で指摘されてしまうこともありました。

ですが、経験を積むにつれ段々と分からない事を言語化できるようになり、最近は基本的な機能は作れるようになってきましたし、テストで確認すべき箇所を明確にできるようになってきました。まだまだ知識や技術は不足していますので、継続して成長していきたいと思っています。

Q.04
今後について




疑問を自分で解決できるようになった事で業務の幅が広がりました。
これまでは、設計に基づいて『作る(主にプログラミング業務)』工程が多かったのですが、現在は前段階の工程にも携われるようになってきました。

徐々に自分がメンターとして後輩に教える機会も増えてきています。後輩に指導するときに相手にどう説明したらしっかり伝わるかを意識しながら進めるように心がけています。そのためにも、自分自身も今後もさらに知識をつけていきたいです

Q.05
モットー


「好奇心を持つ事」と「楽しむこと」を意識しながら仕事に取り組んでいます。
エンジニア以外の職種でも共通かもしれませんが、何事にも好奇心を持って調べる事はとても重要です。自分がわからないことをさまざまな角度から好奇心をもって情報収集をしていくうちに、自分なりのやりやすい方法が見つかったり、対策を立てられるようになってきたと思います。次に、仕事をしていれば辛いときもあります。そんな時は仕事の楽しさや達成感を思い出してモチベーションを保つようにしています。

他の社員のインタビューを見る